蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

森田草平 「煤煙」

森田草平は若い頃いろいろと問題を起こしており、学校を退学させられたりもしています。その原因というのが女性問題なんですが、これはいわば彼の一番の弱点でして、しばしばそれで失敗します。素行に問題のある人として周囲の眉をしかめさせていたようですが、そんな彼の支えは文学でした。そして夏目漱石に弟子入りしますが、さすがの漱石も彼にはだいぶ頭を悩ませたようです(漱石の紹介で得た中学の英語教師の仕事もわずか半年で首になっています)。そうは言っても漱石門下では一番可愛がられたという話もありますので、出来の悪い子ほどかわいいということなんでしょうか。この作品を読めば、素行の悪い彼の一面を見ることができます。これは小説ではありますが、いわば体験記です。実話をもとにしていますがおそらくほぼそのまま実話でしょう。妻子ある身なのに、そして他にも手をつけた女性がいるというのに、さらに別にある女性と知り合って、その女性と激しい恋に(森田草平だけのぼせていたのかもしれませんが)落ちまして、ついには心中を決意して旅に出て、塩原という所で刺し違えようとしますが、結局未遂に終わるという内容です。当時は「塩原事件」として一大スキャンダルでした。その相手の女性というのがあの女性解放運動家として名高い平塚らいてうです。まだ当時は日本女子大を卒業したばかりの頃で、文学を学ぶ会に出席した際に講師として来た森田草平と知り合いました。この事件後、森田草平はしばらく漱石にかくまわれます。そして自分にはこの事件のことを書くしか生きる道がないと思い、漱石の紹介で朝日新聞に連載しました。スキャンダルの一部始終を小説として新聞に連載したわけですからそれは世間は注目します。そういう経緯があってこの作品は文学史に残るものとなり、森田草平は作家の仲間入りをします。ちょっと俗な見方ですが二人が徐々に盛り上がっていく過程が興味深く読めます。今ではスキャンダルを逆に肥やしにする有名人は多いですが、思えば森田草平はそのはしりといってもいいかもしれませんね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する