蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

安部公房 「砂の女」

安部公房は三島由紀夫らと第二次戦後派と言われた作家です。この人の作品の最大の魅力はストーリーの面白さです。話の筋が面白い作品を書く作家は多いですが、彼の場合は一体彼の他に誰がこういうストーリーを考えだすだろうか?と思えるほどオリジナリティがずば抜けています。なにかとてつもなく奇抜な事件が起きる→それがどんどん発展し複雑化していく→これがどういう風に解決するのだろうかとやきもきさせて→誰の予想をも裏切る結末で終わる・・・大よそこういうパターンの作品が多いです。ストーリーの面白さに最大の重点が置いてある場合、その作品の支持層は国境を超えます。安部公房の作品は非常に外国でのウケがいいです。この「砂の女」も20ヶ国以上で翻訳されていますし、1968年にはなんとフランスで最優秀外国文学賞まで受賞しています。どの国の誰が読んでも面白いものを書くには卓越したストーリーテラーである必要があります。普通の人間にとっては発想とか想像というのは意外と似てくるもので、自分だけの思いつきかと思えば実は既に多くの人が思いついていたりするのはよくある話です。安部公房ほどの創作能力は常人の域を超えているのでストーリーにおいて誰かのものと似ているということはありません。一体どういう脳細胞だったのでしょうか?主人公は砂丘に新種の植物の採集に来ますが、そこでアリ地獄のような砂の穴の中にある家に泊めてもらいます。その家には寡婦が一人で住んでいました。翌朝、前日下りる時に使ったはしごが村人によって外されていたために主人公はその穴から出られなくなり、寡婦との奇妙な生活が始まります。さて、主人公はこの穴から脱出できるのでしょうか?結末が気になってしょうがないでしょ?それで読まずにいられなくなる。それが安部公房ですね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する