蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

司馬遼太郎 「播磨灘物語」

黒田勘兵衛孝高。姫路生まれ。秀吉の片腕としてその天下取りを助けた名軍師です。この話はその黒田勘兵衛の生涯をドラマチックに描いています。この人物の人生を少し調べてみれば、なるほどこれはドラマになると誰しも納得します。まさに波乱万丈そのものです。勘兵衛は類稀にみる才を持っていました。秀吉に自分の後に天下をとるのは徳川家康でも前田利家でもなく黒田勘兵衛だと言わしめたほどですからその力量の程が推測されます。時勢が味方すれば天下を取るのも不可能ではなかった人です。もともと黒田家は姫路の小大名、小寺氏に仕えていました。そして祖父重隆の代に姫路城代になります。勘兵衛の頃は織田信長が破竹の勢いで近隣を斬り従えていた頃です。勘兵衛は信長を早くから評価していたので、その傘下に入るべく主君をはじめ近隣の勢力をも説得します。しかし別所長治が信長に反旗を翻したのをきっかけに、摂津の国を任されていた織田家の武将、荒木村重が謀反を起します。勘兵衛はその説得に向かいますがそこで捕縛されてしまい、長期間劣悪な環境に幽閉されます。後に救助された時には足の関節に障害が残っていました。その後は信長に重用され、秀吉の与力として才能を思う存分発揮していきます。苦難の後には栄光に満ちた秀吉の天下統一までの階段が待っていました。そして秀吉の死後は天下分け目の関ヶ原です。さぁここで勘兵衛はどういう行動に出るのでしょう・・・?司馬遼太郎お得意の痛快無比な戦国ものです。とにかく面白いの一言に尽きます。長いですけど一気に読めます。戦国時代には英雄豪傑天才軍師が数多く登場していますが、黒田勘兵衛孝高はその中でも特に異彩を放つ存在であることがわかると思います。勘兵衛の領地は九州征伐の功で秀吉に下賜された豊前の国の中津、今の大分県中津市でしたが、息子の長政は関ヶ原の功で家康に下賜された筑前の国、つまり福岡でした。だから九州の人には馴染みの深い両者ですが、福岡に住むえしぇ蔵にとっては黒田家は特に興味深い一族でもあります。天下人にも匹敵する才を持った武将が何を考え、どう生きたのか、司馬遼太郎の筆でお楽しみ下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード