蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

森鴎外 「心中」

怪談というのは書く側にしては結構難しいものだと思います。読み手の頭の中に的確なイメージを浮かび上がらせ、それが恐怖を誘うものでなければなりません。うまく表現できないと恐怖感が薄れ、作品全体が白けてしまいます。そうなるとさぞかし怖いだろうと思って読んでいた人を落胆させます。どうしても怪談となると誰しも自分を怖がらせて欲しいという期待感を持って読みますので落胆させては元も子もありません。だから怪談をもとにした優れた小説というのは意外に少ないのです。そこでこの作品の登場です。なんと大御所森鴎外の作品ですので意外に思われる人もいるかもしれません。さすがに大御所が書くと違います。読んだ後も恐怖感がずっと残ります。いわば怪談のお手本とすべきものかもしれません。怪談と言い切るとどこかおどろおどろしいものかと思われがちですがそうではなく、お金という女中が話すある事件の顛末なんですが、最後の結末がなんともぞっとするものなのでそういう意味で怪談の範疇に入るものだと思います。それにしてもこの話は怖いです。本当にぞっとしました。「ひゅうひゅう」という音がキーワードですから覚えておいて下さい。ストーリーはお金の口から客に対して語られます。川枡という料理屋での話です。事件があった頃は十四五人の女中が働いており、その中にお蝶という大変働き者の子がいました。その子は親が決めた結婚が嫌で家を飛び出し、川枡に転がり込んで住み込みで働き始めたということでした。彼女が東京に出て来たもう一つの理由は好きな人が東京にいたからで、その男性とは時々会っているようでした。そしてある晩、お松とお花という二人の女中が夜中にトイレに行きますが、どこからともなく「ひゅうひゅう」という音が聞こえてきます。どうもそれは四畳半の部屋から聞こえてくるようなので、お松は思い切ってその部屋の障子を開けますがそこにはなんと!……あぁ今またぞっとしました。この結末を言ってしまっては台無しです。気になるなら早速読んで下さい。(この作品は青空文庫でも読むことができます。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する