蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

河野多恵子 「半所有者」

この作品は、2002年に川端康成文学賞を受賞しています。とは言うものの、この人の場合は芥川賞、女流文学賞、読売文学賞、谷崎潤一郎賞、日本芸術院賞、野間文芸賞、毎日芸術賞と文学賞とりまくりという印象があるのでこの作品の受賞もそのうちの一つにしか過ぎませんけど、読んで頂けばわかるように受賞してしかるべきすごい作品です。ではどうすごいのか?かなりショッキングな内容でして、静かに始まる感じのストーリーが思いも寄らない展開になって、え!そうきますか!という印象を受けます。非常に短い作品で10分もかからずに読んでしまえるくらいですがその短さの中で読者をあっと言わせるすごさを秘めています。いわゆる異常性愛をテーマにすることが多い人でして、うわーこの人こういう作品を書くなんて、まるで女性版谷崎潤一郎だなと思う人もいると思いますが、それは正しい感想でしてこの人は谷崎潤一郎を崇拝していました。谷崎潤一郎の作品に関しては誰よりも深く研究していると言ってもいいのではないでしょうか?その作品に関する論文もいくつか書いています。そういういわば耽美的な傾向はこの人の作品の一つの特徴です。いやそれにしてもこの作品にはビックリしますよ。読む人によって好き嫌いははっきりわかれるでしょうけど、作者の力量は誰しも感じることでしょう。好き嫌いは個人の価値観で決まりますが、衝撃を与えるというのは作品にエネルギーがあるということですからね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する