蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

尾崎紅葉 「金色夜叉」

尾崎紅葉は幸田露伴とともに明治の文壇を支えた屋台骨的重鎮です。まだはっきりと新しい形が見つからずに模索を続けていた日本文学の夜明けにおいて、その格調高い美文で重要な位置に付きました。彼の文章は読み慣れない人にはちょっと抵抗があるかもしれませんが、一種のリズムを含んでいるので読み進んでいくと徐々に慣れて、むしろ通常の文体よりも早く読めるようになります。えしぇ蔵の場合はいつしかその美しさに魅了されてしまいました。こういう文語体の文章ってそれだけで既に芸術だと思います。読める人は減る一方ですが守っていきたいものの一つだと思います。さて、作品の内容ですがこのセリフはご存知でしょうか?「・・・一月の十七日、宮さん、善く覚えてお置き。来年の今月今夜は、貫一は何処でこの月を見るのだか! 再来年の今月今夜……十年後の今月今夜……一生を通して僕は今月今夜を忘れん、忘れるものか、死んでも僕は忘れんよ! 可いか、宮さん、一月の十七日だ。来年の今月今夜になつたならば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから、月が……月が……月が……曇つたらば、宮さん、貫一は何処かでお前を恨んで、今夜のやうに泣いてゐると思つてくれ」今まで何度も舞台や映画で演じられた作品ですからこの名セリフをご存知の人は多いでしょう。熱海の浜での貫一とお宮の涙の別れにおいて貫一が言ったセリフです。大好きなお宮さんにふられた貫一は投げやりになって非情な金貸しになるのですが、上流社会の貴婦人になったお宮さんとまた再会してしまって・・・・というドラマチックな展開が当時の人たちの心を捉えて、連載された新聞の到着をみんなが待ちこがれると言われたくらい、当時の社会に一大ブームを起こした名作です。実はこの作品は尾崎紅葉の死によって未完で終わっています。あの後何らかの形で二人に幸せがくるのでは?と読者に期待を抱かせたままになってしまったのは残念ですが、思えばそうやって結論を出してないところに新たなロマンが生まれていいのかもしれません。明治の大傑作を是非読んでみて下さい。そしてあなたなりの結末を作ってみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する