蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

壺井栄 「草の実」

脂っこい料理もいいですが、そういうのが続くと今度はあっさりとした料理が欲しくなります。人間どこかでバランスをとろうとするのが普通だと思います。読書においても同じです。難しい作品が続くと、今度は読みやすい作品が欲しくなります。そういう時にオススメなのが、石坂洋次郎や壷井栄です。難しい表現や汚い表現は用いず、洗練された表現でわかりやすく語りかけてくる作品は読み進むことが非常に気持ちよく感じられます。ストーリーもテーマとしては決して軽いものではないのに読後感を爽やかにしてくれるのは筆者の技術以外のなにものでもありません。この作品では、同じ祖先を持つ本家と新家が隣同士でありながら過去のいろいろな事件を経て憎みあうようになります。ところがその両家の子ども同士は成人してから恋に落ちます。お互いの親が反目しあう中、二人は結ばれるために自分たちの未来を信じて励まし合いながら生きていきます。そんな若い二人の純粋なひたむきさというのがこの作品の中心にあります。人はきっと和解しあえる、きっと仲良くできると信じることの大切さを若い二人は読者に教えてくれます。これですよこれ。ここに壷井栄ワールドがあるわけです。人間関係で苦労して傷ついた人が帰っていく場所がここにあるわけです。希望が常にそこにあるのです。代表作の「二十四の瞳」を読めばわかると思いますが、壷井栄の作品では人間が本来持っているはずの強さ、善良さ、優しさを信じて生きていこうじゃないですかというメッセージ性を強く感じます。誰しもが人生の苦悩を抱えていることを前提に、生きて行く上での励ましが込められています。おそらくそういうメッセージ性をより広い世代に、より多くの人に伝えたいがために、明快でわかりやすい文体にしてあるのではないかと個人的には推測しています。子を思う母親の優しさのようなものが感じられます。普段の生活で精神的な疲れを感じた時、ちょっと一休みしたいと思った時に是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する