蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

井伏鱒二 「珍品堂主人」

小説を書く場合、ストーリーや背景描写に劣らず大事になってくるのが登場人物のキャラクターの確立です。これが明確に出来ていないと、どんなに面白い筋書きでも読者に与える印象が薄れますし、物語自体もどこか薄っぺらなものになります。読み手の頭の中にはっきりと、この登場人物はこういう人だというイメージを浮かび上がらせないといけません。そういう点において一つの参考になるのが井伏鱒二の作品です。登場人物が一つの型にははまらない独特のキャラクターを持っている場合が多いです。この作品の主人公は、悪事を働くなどもってのほかという完全無欠な善良なる人ではありません。一見善良そうだけど、ずる賢いところもあり、強がるけど臆病であり、非情のようでお人よしという、どうにも中途半端な性格を持っています。登場人物にそういう性格を持たせるというのが井伏鱒二のうまいところだと思います。ここにリアルな人間性が生まれてくるわけです。実際、人間の性格というのは単純に片付けることはできません。みんな誰しもいろんな顔を持っています。性格描写において複数の要素を持たせることによって、登場人物は立体化していきます。それでこそ人間を描いているということになると思います。だから井伏鱒二の作品の登場人物というのは非常に人間くさくて面白いわけです。この作品の主人公は骨董屋のおやじです。そのまま好きな骨董をいじって生きていけばいいのに、一発大勝負してみようと料亭を始めてしまいます。スポンサーを見つけて結構大きなお店を持って、一所懸命努力するわけですが、ずる賢さでは一枚上手の女性に見事にお店を乗っ取られてしまい、また元の骨董屋に戻るというお話です。読みながら、「しょうがないやつだ」と思いつつもどこか微笑ましさが残る、そういう作品です。面白さの中に少し寂しさを含ませて、読後の印象を深くする井伏鱒二ワールドを堪能することができます。井伏鱒二の人物描写の巧みさを是非感じてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

井伏鱒二の作品の特徴はなんだと思われますか?

Re: タイトルなし

> 井伏鱒二の作品の特徴はなんだと思われますか?

コメントありがとうございます。
まずはユーモアじゃないでしょうか?それと人間を一つの型にはめてしまわない巧みな人物描写でしょうか?
その2つに人間を温かい目線で観察して表現しようという姿勢が含まれているように思います。

シリアスな作品もありますが、井伏鱒二とくればやはりユーモラスな作品の印象が個人的には強いです。
なんとなく作者の人柄そのものをうかがい知ることができるような気がします。

ご回答ありがとうございます。
私は今授業で井伏鱒二について取り上げ、発表を行おうと思っています。
シリアスな作品と言えば黒い雨などが上げられると思うのですが、井伏鱒二の他の作品と黒い雨を比べた時に黒い雨だけの特徴はなんだと思われますか?

黒い雨

黒い雨の特徴はとにかくリアリズムだと思います。原爆の被害をとにかくリアルに描いてある点は、他の原爆関連の作品と比べて群を抜いているように思います。
より正確に描写することが、何より反戦のメッセージになると思ったのではないかと推測しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する