蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

円地文子 「菊慈童」

円地文子は文化勲章も受賞した女流文学者の中の重鎮ですが、若い頃はその小説がなかなか評価されず苦労しています。世に出たのは劇作家としてであって、その時代が結構長く続きますが、人生も後半に入って華開きます。女流文学賞や野間文芸賞を受賞してからは怒涛の勢いという感じで傑作を次々に世に送り出しますが、惜しくも1986年に81歳で亡くなります。死の前日まで口述筆記で小説を書いていたそうです。その彼女の最後の完成された長編がこの作品です。いわば円地文子の文学人生集大成という感じです。人生と同じく作品も円熟しきっており、余裕すら感じられます。様々な日本の伝統・文化に造詣の深い彼女の知識がふんだんに盛り込まれているのも魅力です。テーマは「能」ですが、「日本画」も「石仏」もからんで、作品の幅を広げています。タイトルの「菊慈童」というのは能の演目の一つで、作品の中では八十歳を過ぎた能役者がこれを演じようとしています。その昔、周の穆王に愛された美少年がある過ちを犯して流罪になります。その流罪先で毎朝欠かさず法華経の中の二句の偈を唱えていました。そして偈を忘れてはいけないからと菊の葉に書きつけました。その菊の葉にたまった露が流れ落ちて川に入ったところ、川の水が天の甘露の霊薬になりました。少年が喉が渇いた時にその川の水を飲むと不老長寿を手に入れ、八百年以上も少年のままの姿を保ちました。少年は八百年後に魏の文帝にその偈を献上し不老長寿の水もすすめる、という話です。この話にはいくつかアレンジされたものがありますのでストーリーが若干違うものもあります。つまりこの「菊慈童」という演目を取り上げているところにこの作品のテーマがかぶっているというわけです。人生の終焉を迎えた人たちの最後の輝きを表現しようとしています。この作品は彼女にとっても最後の大舞台だったと思います。消える間際の灯火の見事な煌めきを見るような、そんな哀れと力強さを感じさせてくれます。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

風景描写が好きです。そこの風を、光を感じます。こんな文章憧れます。

憧れますね

コメントありがとうございます。
本当にこの人のような文章が書けたらいいなと思います。でもセンスも感じるのでなかなか常人が到達できる範囲ではないのかもしれませんね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード