蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

横光利一 「笑われた子」

今までありとあらゆる作家の作品に触れましたが、個人的には横光利一の作品が一番自分に響いてくるものがあるかなと思っています。特に数分で読んでしまえるような短編で読む人の気持ちをぐっと捕らえて、そして大きな余韻を残せる力量は、芥川龍之介、志賀直哉に匹敵するものがあると思います。この作品も非常に短く、ストーリー的に大きな展開があるわけではないのですが、確実に読んだ後に唸らせるような力を持っています。物語は吉という少年を将来どういう職につかせるかを家族で話し合っている場面から始まります。いろんな意見が出ますが、まだ少年の吉にはどこ吹く風という感じです。そしてその日の夜、吉は口が裂けた大きな顔に笑われる夢を見ます。翌日、吉は丸太と剃刀を持ってその顔を家族に内緒で再現しようと試みます。何日も何日もかけてその顔を作っていきましたが、ある日剃刀がぼろぼろになっていたことから家族に発覚します。父親は吉が作った面を見て感心し、吉を下駄屋にすることを思いつきます。そして実際に吉は下駄屋になるわけですが・・・最後のオチはなんとも不思議なインパクトを受けますが、それがなぜか妙に心に残ってしまいます。最初は「うーん、不思議だ・・・」という印象はやがて、「うーん、すごい・・・」に変わります。優れた才能の成せる業というのはそういうものなのかもしれません。ところでこの作品を読んで、あれ?こういうの前に読んだことがあるかも・・・と思われる人もいるかもしれません。というのは、プロットが志賀直哉の「清兵衛と瓢箪」に似ているからです。「清兵衛と瓢箪」の場合は主人公の子どもが瓢箪に関して大変な目利きだったというストーリーですが、どちらも子どもの人並み優れた隠れた才能をテーマにしています。考えてみるとこの2作品に限らず、子どもに隠れた才能があってそれが物語を面白く展開させるというパターンは昔からたびたび使われているようです。子どもの才能を周囲の大人は見落としていないか?それを伸ばす環境を与えているか?という疑問が根底にあると思われます。子どもを見る優しい目が生んだ作品といえますね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する