蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

高見順 「今ひとたびの」

高見順の作品を読んだことがある人がもしこれを読むとちょっと意外に思うかもしれません。なにしろ韓国ドラマやトレンディドラマも顔負けのメロメロの恋愛小説です。本当にドラマの脚本にぴったり!と思うはずです。主人公は一目惚れした女性に意中を伝えることもできぬまま、その女性は結婚してしまいます。それでも主人公は彼女への想いを残していましたが、それを断ち切るために彼女から遠く離れていきます。ところがそんな彼のもとへ彼女から手紙がきます。その文面からするとどうも幸せな結婚生活ではないようなので、主人公の内面は大いに揺れます。お互いに好意を持っていることを薄々と感じながら、いろんな障害が二人の接近を阻みます。最後に来た最も大きなそれは戦争でした。死地を彷徨い、戦後なんとか無事に帰国した主人公は、再び彼女との再会を夢見ます。そしてそれがついに実現するという時に……最後のシーンはこれまたドラマティックです。とにかくかなりメロメロです。やはり何度も映画化はされています。映画のほうではラストシーンが違うものもあるようです。高見順にしては大衆小説的な内容ですが、これはこれで大いに結構ではないかと思います。女性の方には特にうけるかもしれません。そもそも大衆小説と言われるエンターテイメント性の高い作品と、文学小説と言われる芸術性の高い作品との線引きというのは非常に難しいものがあり、読む側の感じ方によって変わってくる場合は大いにあります。松本清張が「或る『小倉日記』伝」において当初は直木賞候補だったのに、結果的には芥川賞を受賞したことがいい例です。つまりどちらの要素も持つ作品は意外に多いのです。この作品も内容からすれば簡単にエンターテイメント系に分類されそうですが、実際に読まれるとわかりますがどうもそう簡単に片づけたくないものがあります。芸術性の高い作品も多く生み出している人が、そこに投入する技量をエンターテイメント系では全く封印するなんていうことは逆に難しいでしょうからね。そういう意味ではこの作品は、”二度おいしい”ということが言えるかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する