蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

阿川弘之 「雲の墓標」

戦争というものを作品において批判するにはその書き方で2つの方法があると思います。ストーリーの中で戦争反対の立場にある人がメインになって活躍し、直接的に訴えるという方法と、表面的には体制に順応している人々をリアルに描くことによって間接的に反戦を訴えるという方法です。この作品は後者です。主人公は応召で海軍に入り、初めてのことばかりでいろいろと戸惑いながら徐々に海軍の空気に慣れていき、最後は特攻隊の一人として選ばれるまでを日記という形で表現しています。おそらく本当の日記を参考にしたと思われるリアルさがあって、名も無い一兵士が戦争に借り出されて、国のためとはいえその命を軽くあしらわれる様子が詳細に描かれています。最初の頃は不安が前面に出ており、それがやがて慣れていくにつれて自分は国のために頑張って戦わないといけないと思うようになります。海軍のやり方に疑問を持ち、勝つ見込みのない戦争をすることに納得できないながらも、もはや自分には国のために死ぬしかないと思うまでにいたる一連の心の葛藤が実に巧みに表現されていて、そのリアリティさゆえに読む側に強い反戦意識を起こさせます。ここに阿川弘之のすごさを感じます。戦争反対だから戦争ものは読まないというのではなく、戦争反対だからこそこういう作品に触れて欲しいです。あの戦争で貴重な命を散らせた人々の死に至るまでの心の葛藤を少しでも知ることは戦争に反対する上では必要なことだと思います。昨今のアニメや映画においては戦闘のかっこよさを売りにしているものが多く見受けられます。その背後に戦争というものに対する意見を見出すことができないのです。そういう作品が大勢を占めるとそれを受ける側、ことに過去の戦争などひいじいちゃんが経験した大昔のことにしかすぎない若い世代にとっては戦争本来が持つ罪を知ることができません。そういう意味でも阿川弘之をはじめとした優れた戦争文学の書き手の作品は未来永劫読まれ続けなければいけないと強く思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する