蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

野上弥生子 「花」

野上弥生子の随筆集です。題材は多岐に渡っており、それぞれが書かれた時期も様々です。この人は非常に長生きで、なんと99年という長い時を生き抜かれました。この随筆集には若い頃のものもあり、最晩年の頃のものもあります。驚くのはその筆致に衰えはもちろん、スタイルの変化がないこと。これには実に尊敬の念を抱かずにはいられません。これは要するに若い頃から既にいろんな面で完成されていた作家だったということでしょうね。どの作品の文章も深みがあって、表現や言葉に重みがあって、ところどころに巧みなテクニックを感じます。それでいて流れるように淀みのない文章は気持ちよく読むことができます。実に高い水準にある人です。いくつもの小品がある中で、「夏目漱石」というのが特に興味深く読めました。野上弥生子は夏目漱石の弟子です。先に弟子になっていた、後に能楽やイギリス文学の研究で名を上げる野上豊一郎と結婚したことにより、夏目漱石とのつながりができました。「縁」という作品を夏目漱石の紹介で「ホトトギス」に掲載して以来、作家としての道を歩み始めます。作品を夏目漱石に褒められることが最高の名誉だと感じていたようです。(最初に書いた「明暗」という作品の批評は落第点を貰ったそうですが、その批評が書かれた手紙の長さは1メートル半もあったそうです。)非常に親しく接していたようで、この「夏目漱石」という作品では普段の夏目漱石の様子が実にリアルに描写してあり、あの偉大なる文豪の素顔を垣間見ることができるという意味でも非常に興味深い作品です。「夏目先生は、要するに非常に庶民的な方で、江戸っ子の気っ風を、英国紳士としての教養や思想の中にちゃんと持っていらっしゃる方。」という箇所がありますが、この文章だけでも夏目漱石の人物像が浮かんでくるような気がします。他にも優れた小品を集めてあります。お休みの日の午後なんかにお茶でもしながら読むなんていうのが似合う作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する