蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

永井路子 「山霧」

男性と女性で物事の捉え方が大きく異なる場合があるのは非常に興味深いことだと思います。例えばこういう話を聞いたことがあります。庭に畑を作った時に、花を植えようとするのが男性で、野菜を植えようとするのが女性だそうです。つまり女性は男性のように夢ばかりを追いかけるのではなく、今を堅実に生きようとします。それはつまり家族を守ろうとする本能からくる自然な現象ではないかと思います。では女性が歴史を振り返った場合にはどういう見方をするのでしょうか?男性の場合とどう異なってくるのでしょうか?それが一番よくわかるのが、永井路子による”女性の目から見た歴史”を描いた小説です。同じ出来事でもこうまで違って見えるものかと非常に面白く読めます。永井路子は非常に細かく調べ上げて、そこに自分なりの解釈を加えて隙のない文章で物語に仕上げます。しっかりとした調査がベースになっているので創作といえど軽くなく、説得力もあります。いわば一つの彼女なりの仮説を物語にしているといったほうがいいかもしれません。この作品は戦国時代の中国地方に覇をとなえた毛利家を中心に話が進んでいきます。ということは毛利元就の話かなと思いますよね?確かに毛利元就は一番多く登場します。ですが、それなら他の歴史ものと変わらないわけです。永井路子が描くわけですから視点は女性からのものです。この作品の主人公は毛利元就の妻のおかたです。中国地方を統一した男を支えた女性の生涯とはどういうものであったか?それを調べて書かれたのがこの作品です。是非この点に注意して読んで頂きたいのです。なぜなら、おかたが死んだ時点でこの物語は終わってしまうからです。元就が陶晴賢を倒し、尼子を倒して中国に覇を唱えるのは妻の死後です。元就を主人公だと思って読んでいくと、「えー!これから面白くなるのにー!」というところで終わってしまいますから、くれぐれもご注意下さい。永井路子が書く歴史ものは一味も二味も違いますから読んでみる価値は大いにありますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード