蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

芝木好子 「冬の椿」

太平洋戦争においていかに多くの日本兵が海外で死んだかご存知でしょうか?もはや正確な統計はとれないようで諸説ありますが、おおよそで言うと約800万人近くもの人が戦地に赴いて、約200万人が帰らなかったということです。恐ろしい数ですね。これは同時に非常に多くの女性が最愛の人の未帰還という悲劇を味わったことになります。通常の死であれば女性はそれを乗り越えていけば新しい人生も開けるというものですが、戦争の場合は一種独特の悲劇を生むことがあります。つまり、最愛の人が戦死したとの知らせがあって落胆しているところに再婚の話があり人生の再出発をした後に、前の旦那が生きて帰って来て一悶着……というパターンです。なにせ戦時中の、しかも敗色濃厚になってからの公報というものは全くあてにならなかったですからこういうことも非常に多かったわけです。新しい旦那をとるか、前の旦那に戻るか、悩み苦しんだ日本の女性の悲劇をドラマ化したのがこの作品です。まだ結婚はしてなかったけどこの人しかいないと決めた画学生が戦争に行ってしまい、戦死の知らせが入ります。そして執拗に結婚を迫られていた実業家と結婚してしまいますが、戦後にあの画学生が歩いているのを見たという人の話を聞いて主人公の心は揺れ始めます。誠実と思っていた実業家が実は愛人のいる不誠実の見本のような男だったことがわかったりして、余計に進むべき道に迷う主人公が最後にどういう決断をするのか?戦争が生んだ悲劇の一つの形を作者得意の情緒的なしっとりとした文章で描いてあります。テーマが重いので非常に考えさせられる作品です。この物語のような悲劇が二度と起こらないことを祈りたいです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード