蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

久保田万太郎 「市井人」

久保田万太郎といえば、かつての江戸を思わせるような下町人情ものの第一人者ですね。この人の作品を読むと、当時の東京の下町の人たちの人柄や生き様がよくわかります。今でも浅草あたりに行くとそういう人たちが残っているかもしれませんね。そういった下町の人情とともに、久保田万太郎を語る上で忘れてはいけないキーワードが、「俳句」です。この人はこの世界でもすごい人なのです。中学時代から俳句を作っていたそうで、かなりの数の秀作を残しています。それでこの作品なんですが、この二つの要素がどちらも盛り込まれています。大正時代の東京の下町での物語ですが、ここに蓬里さんという俳句の先生が登場します。他の登場人物も俳句を作ったりしますが、物語の中心にあるのが俳句なのです。一般人の何気ない毎日の生活の中で、ところどころに俳句が登場し、ドラマに色をそえています。その登場する俳句がまたいいんです。作品に盛り込むからには秀作を選んだことでしょうけど、どれもしみじみ読み返したくなるものばかりです。普段の生活の中でふっと出て来た感想を歌にする、その楽しさを学ばせてくれるような作品です。おそらくこの作品を読めば久保田万太郎の俳句をもっと読んでみたくなるだろうと思います。いろんな句集が出てますので是非そちらも読んでみて下さい。そうして久保田万太郎のみならず、俳句に親しみを持ついいきっかけになってくれれば幸いです。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する