蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

阿部知二 「冬の宿」

阿部知二は英文学者としても有名で、翻訳者でもあります。あまり知られていませんが、実はシャーロック・ホームズの翻訳者です。それからエドガー・アラン・ポオ(ちなみに東京帝国大学文学部英文科の卒業論文は「エドガー・アラン・ポオ」でした)の作品もそうですし、シェイクスピアの戯曲、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」、オスカー・ワイルドの「獄中記」、マーガレット・ミッチェルの「風に散りぬ(風とともに去りぬ)」、シャーロット・ブロンテの「ジェーン・エア」など、そして子ども向けにはマーク・トウェインの「トム・ソーヤの冒険」、スチーブンソンの「宝島」なども翻訳しています。まさに翻訳の世界の重鎮でもありました。海外文学の評論も多く残しています。優れた海外の名作を日本に紹介するという面でも大いに貢献した人です。一方、小説において忘れてはいけない代表作がこの「冬の宿」です。読んでいくとわかりますが、舞台は日本なのにどこか海外の小説を読んでいるような雰囲気があるのは、海外文学に造詣の深い阿部知二ならではの特徴なのかもしれません。主人公の学生がある家庭に下宿することになり、その家族の日々のドラマを第三者的に観察し、また時には巻き込まれもしながら、底辺の人間の暮らしの実態を知ってそこから何かを学んでいく……というストーリーです。こんな感じで主人公が何かをするわけではなく、まわりの人間の生み出すドラマを観察するようなパターンは彼の得意とするところです。卓越した技術を思い知らされるのは登場人物の個性の描写です。一人一人の性格が非常によく表現されていて、どの人物もドラマの中で生き生きとその存在感を主張しています。架空の人物の個性をはっきりと描写できるというのは、やはり登場人物の存在感をはっきりさせる傾向にある海外文学から多くを学んだからだろうと思います。広く海外の文学を素養とした、有無を言わさぬ実力者の力作ですからここまでの作品に仕上がっているのも当然なのかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する