蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

平林たい子 「砂漠の花」

この作品を読んだ時に、力作とはこういう作品を指すのだろうなと思いました。なんというか、エネルギー満タンの作品とでもいいますか、力強さがみなぎっています。まさに平林たい子という人を知るにはこの本を読むべしという感じです。ストーリーは平林たい子自身の半生を描いた自伝です。学校を卒業して上京し、電話局に勤め始めるところから始まり、小堀甚二との結婚の話がまとまるかどうかというところまでを描いてあります。その間の出来事というのがこれが本当に凄まじいものでして、よくまぁここまでの経験をして、無事に生き延びられたものだなと思わせられます。アナーキストとの結婚、大陸に渡ってからの挫折、慈善病院への入院、出産、乳児の死、放蕩、関東大震災、いろんな男との出逢いと別れ・・・普通だったら不幸な自分に嫌気がさして自殺しても不思議ではない経験をしていくわけですが、それでも彼女はどこか冷めた部分があって、そういう自分を冷静に観察しています。いつかは作家になるという夢を持ち続け、自分の体験がいづれネタになることを見越して、敢えて苦労の中に飛び込んでいたような節もうかがえます。彼女の表現力を最大限に駆使してあり、描写は的確、表現は巧み、流れはよどみなく、その文章力をいやというほど見せ付けられます。彼女の人生を知るにも、彼女の力量を知るにも、最適な一冊だと思います。個人的な感慨としては、この平林たい子という作家の、文学に対して真正面から取り組む真剣な姿勢は、多くの名をなした作家の中でも特に賞賛されるべきだと思っています。そのぶれない芯の強さは、いずれの道に進むにしろ大いに参考にすべきだと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する