蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

泉鏡花 「外科室」

泉鏡花の描く世界が好きという人は結構いますね。あの幻想的で不思議な独特の世界は泉鏡花ならではのものです。こういうふうに書くべきだとか、こういうふうに書くのはおかしいとか、そういう小説における約束ごとのようなものが暗黙のうちにあるとすれば、おそらく鏡花はそれに一瞥も送ることはないと思います。普通、あり得ないようなストーリー展開だとか、登場人物の不思議な言葉のやりとり、作品全体を蔽う幻想的な雰囲気などから推測するに、鏡花は本当に自分が書きたいように書いているという印象を受けます。誰にどう思われようが関係ない。自分の中にこういうイメージが浮かんできた、それをこういうふうに書きたいんだ、そう主張しているような気がします。この作品はある貴婦人が手術を受ける話ですが、うわごとを言うかも知れないという理由で麻酔を拒否します。実は彼女は手術する医者への恋心を抱いていて、それが家族にばれることを恐れているわけです。それで結局麻酔なしで手術を始めたら・・・鏡花ならではの驚きの展開が待っています。ではいつから彼女と医者が恋仲だったのかというと、若い頃にちらっと視線を交わしたかどうかというただそれだけなんです。それでそんな深い想いを持つわけないだろう?とツッコミたくなるわけですが、それこそが泉鏡花ワールドなんです。この作品を読む時には、それまであなたの持っていた小説とはこういうものという常識を一切捨てて下さい。そして小説というよりも長い幻想的な詩を読んでいると思って下さい。そうすれば理論的なものを一切超えた感性の部分に響いてくることと思います。作家が成功するにはテーマの選び方や表現技法も大事ですが、自分だけの世界を作り上げることが最も必要とされます。鏡花は見事にそれに成功しているといえます。他の作家では決して味わえないものがあります。鏡花の創造した非日常的、非現実的な世界を楽しむ。これが癖になるんです。あなたもどうぞ足を踏み入れて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード