蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

岡本かの子 「家霊」

もともとは歌人として出発した岡本かの子が、小説を本格的に書き始めたのは晩年だそうです(晩年といっても49歳で亡くなってますのでまだ40代後半の頃です)。でも結構作品があるので死ぬ前の時期の筆の勢いはさぞかしという感じです。この蔵書でも紹介している名作「老妓抄」を筆頭に、非常に優れた作品をたくさん残しています。この「家霊」も名作の一つに数えられます。どじょうを食べさせるお店の帳場で、老いた母親を手伝って働く娘の目から見たじーんと心に残る人間ドラマです。いつもどじょうを食べてもつけを払わない爺さんが、店の娘に若かった頃の母親の話などをします。この爺さんは簪を彫る職人なんですが、どうも若い頃から母親に対して恋心を抱いていたようで、自分で彫った簪を母親にプレゼントしたことがありました。ある日、母親はその簪が入った琴柱の箱を出してきて、「これだけがほんとにわたしが貰ったものだよ」と娘に語り、その箱を振ると中で爺さんが命をかけて彫った簪の音がするわけです。その音を聞いて母親が「ほ ほ ほ ほ」と笑います。その笑い声が「無垢に近い娘の声であった」と表現されているシーンは秀逸この上なしです。簪を出して眺めるのではないのです。ここが最も重要なポイントです。実物は見ずに振って音を聞いただけで、乙女のような声で笑うわけです。名シーンとはこのとです。これぞ純文学だと思いました。実現しない淡い思いをかすかに交わすほど美しいものはないと思いました。本当に心に残る美しい作品です。岡本かの子の文学の才能は確かに群を抜いて突出しています。そしてそのことを自分でも強く認識し、自負していました。自分は他の女流作家とは違うと明言していたほどです。文壇における評価は二分していましたが、評価する側はまさに手放しの賞賛で、林房雄などは論文で「岡本かの子は森鴎外と夏目漱石と同列の作家である」とまで表現しています。そこまでの評価を得る作家ですのでこの作品に見える才能の片鱗は決して偶然のものではなく、天性の確かなものの現れであると言えます。これを読んだ人はきっと他の作品も手にすることになることでしょう。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する