蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

高見順 「故旧忘れ得べき」

昭和10年に芥川賞と直木賞がスタートするわけですが、この作品は輝ける第1回芥川賞の候補作になりました。それにより高見順は一躍注目を浴びます。ちなみに受賞したのは石川達三 の「蒼氓」で、他の候補作はというと外村繁の「草筏」、衣巻省三の「けしかけられた男」、そしてあの太宰治の「逆行」です。どうですこのレベルの高さ!どれが受賞してもおかしくないですよね。そういう中に選ばれたというわけですからこの作品の質の高さもうかがえると思います。この作品は主人公が一人ではありません。学生時代の友人たち数人がそれぞれにエピソードを持ち、それらがお互い絡んでいきます。高見順の生涯を研究してみると、どうもこの主人公たちは性格や生き方こそ違えど、みんなどこか高見順の分身のような感じがします。それぞれに自分の一部分を投影しているのかもしれません。若い頃には、何でもやれる!大物になってやる!なんて意気込みで自分の将来に向かって歩んで行くわけですが、現実は厳しく、気付いてみたらつまらない大人になっている。こんなはずじゃなかった。・・・なんて思いながら生きている悲しい男たちの悲哀が実によく伝わってきます(えしぇ蔵身をもって体験した悲哀なので嫌になるほど伝わりました)。でも暗い作品ではなく、彼特有の”饒舌体”で面白おかしく書いてあるので愉快に読めます。全体を通しての質の高さは誰しも認めるところで、芥川賞候補になったのもさもありなんというところです。しかしこれでも賞はとれなかったわけですから、あらためて当時のレベルの高さを思い知らされます。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する