蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

滝井孝作 「松島秋色」

えしぇ蔵は旅行に行くと一応記録として旅行記みたいなものを毎回書いていますが、この作品を読んで同じ旅行記でもこんなに圧倒的な芸術性の差が出るのかと打ちのめされました。とにかく素晴らしいの一言です。内容は滝井孝作が松島に取材を兼ねて旅行した時の記録ですが、文学性が高く非常に芸術的な旅行記となっています。松島の美しさが目の前に広がるかのような見事な自然の描写には感嘆させられます。松島といえば奥の細道ですが、松尾芭蕉や弟子の河合曾良がここでこんな歌を詠んだと説明している箇所があります。同じ場所を師匠はこう詠んだが、弟子はこう詠んだ、などと分析しており非常に興味深いものがあります。俳句を志す人というのは自分が感じたものをわずか十七文字で詠うことによって、人間としての感性が研ぎ澄まされていくものなのかもしれません。だからこそ俳人でもある滝井孝作の旅行記がただの旅行記ではなくなるのでしょう。もっとも滝井孝作の場合、師匠に恵まれたということも作品の質を上げる一つの要因になっていると思います。俳句は高浜虚子とともに正岡子規門下の双璧といわれた河東碧梧桐に、小説は芥川龍之介と志賀直哉に師事していますからこれ以上の環境はないでしょう。才能はしっかりと伸ばされたわけです。そうして生まれたこの作品ですが、ざっと読み進むのではなく一行一行じっくりと噛み締めながら、松島の情景を思い浮かべながら読んで頂けたらと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する