蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

永井路子 「歴史をさわがせた女たち」

現代に生きる我々が歴史を学ぶという時には学校の教科書や多くの本に書いてあることに頼らざるをえませんが、果たしてそれは真実なのでしょうか?実は多くの場合それは”定説”というものに頼っているわけで、誰も真実だと言い切ることはできません。ではその定説というのはどうやって生まれたのでしょうか?これらは江戸時代に当時の価値観によって都合のいいように作られたものが多いのです。真実がどうであったかきちんと調べたというよりは、若干の材料をもとに創作されたものというほうが当たっていたりするわけです。だから定説というより真偽の怪しい伝説ですね。極悪人だとされていた人物がそうではなかったとか、劇的な名場面はなかったとか、有名なセリフは後世の創作だったとか、おそらく調べれば調べるほど出てくると思います。そういう残念な状況に敢然と立ち向かったというイメージがあるのがこの永井路子です。彼女は自分の力で入念に調べなおし、定説も伝説も違うと思えば根底からひっくり返し、他とは違う角度で人と出来事を観察し、無視されがちな些細なことにも注意し、その結果たどり着いたものを自分なりに解釈しなおし、誰にも理解しやすいような親しげな文体で作品に仕上げています。実に素晴らしい仕事をする人です。ですからその作品は読みやすく面白いですし、また意外性が多分にあって非常に興味深いです。そんな彼女が歴史上有名な女性たちをもう一度彼女なりに調べ直し、より真実の姿に近づこうとしたのがこの作品です。登場する女性は神話の時代から明治まで33人です。おそらく皆さんの中にある常識が何度もひっくり返されて驚くと思います。長い時間と政治的・社会的な意図によって真実の姿を変えられていった女性たちの本当の素顔を明らかにしていこうというのですから面白いのはもちろん、文献としても非常に貴重なものだと思います。彼女特有のユーモラスな語り口でわかりやすく説明してくれますので歴史に興味ない人も楽しめます。是非この作品を本当の歴史というものを考え直すきっかけにして頂ければと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する