蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

有吉佐和子 「恍惚の人」

女流作家の中でもこの人は取り組んだ問題を徹底的に調べるところが非常にすごいと思います。まるで女流松本清張という感じでしょうか。いろんな問題に取り組んで作品を世に出し、社会に対して訴えるその姿勢は読む人の心を強く動かします。この作品は老人の痴呆、今でいう認知症をテーマにした作品です。発表されたのは昭和40年代ですので、まだまだ認知症に対する社会の認識は低く、行政も行き届いていない頃でした。作品の中の記述にありましたが、老人の痴呆は虫歯と同じく文明の発展が生んだものだそうです。つまり、昔はこんなにいろいろなものを食べなかったので虫歯はなかったし、こんなに長生きしなかったのでボケる人も少なかったというわけですね。現代を生きる我々が取り組まざるを得ない新しい問題なのです。老いは絶対に誰にでもくるもので、今若いからといってこの問題に無関心でいるというのは未来の自分を蔑ろにしているのと同じです。個人が、社会全体が、正面からこの問題に取り組んで、今の老人、未来の老人のために行動を起こしましょう!という強い訴えが作品を通じて伝わってきます。この作品は当時ベストセラーになり、老人の介護問題が大きくクローズアップされ、現実に社会に対して大きな影響を与えることに成功しました。ですから日本の社会全体の発展に寄与したと言ってもいい作品です。構成も文章も完璧で、作品としての完成度も素晴らしいです。この作品は一人でも多くの人に、特にいづれ老いることを認識していない今の若い人たちには読んで欲しい一冊です。ちなみにこの「恍惚の人」というタイトルは、「日本外史」の中の三好長慶に関する記述の中の「老いて病み恍惚として人を知らず」という一文からひらめいたそうです(三好長慶は戦国時代に近畿地方に覇を唱えた大名ですが、相次ぐ肉親の不幸により精神的な病に犯され、43歳にして亡くなります。おそらく痴呆のような状態ではなく、今でいう欝のような状態をそのように表現されたのではないかと思います)。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード