蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

有島武郎 「星座」

有島武郎も苦悩の人です。普通、貧乏に生まれた境遇を嘆くというのはよくある話ですが、彼の場合は裕福な家庭に生まれたことが一つの苦悩でした。それ以外にもキリスト教への疑問、奥さんとの死別、人妻との恋愛まど、様々な苦悩を経験し、その影響のせいか晩年は創作意欲が衰えていきます。こんなことではだめだと一念発起し、一つ大作を書いてやろうと取り組んだのがこの作品なんですが、残念なことに途中で終わっています。なぜなら彼はこの作品を完成する前に、当時中央公論者の記者だった波多野秋子と心中してしまうからです。でも未完とはいえ非常に楽しめます。残されている部分だけでも傑作であることはわかります。物語も面白く構成もしっかりしており、登場人物一人ひとりが交代で主人公になるというユニークな手法も取り入れられており飽きさせません。人物描写も見事で文章もきわめて美しいです。様々なキャラクターの若者たちのそれぞれの青春時代を描いていますが、それぞれ生き生きと描かれており若さに満ち溢れてキラキラと輝いている印象を受けます。つまりはみんな輝く星であり、それらが集まって星座を形作っているというのを表現したかったのではないでしょうか。一説では彼が札幌農学校の生徒だった頃の体験をもとにして書かれたと言われています。登場人物も当時の友人たちを彷彿とさせるそうです。この作品はもともと大正10年に発表された「白官舎」という作品を書き足したものです。構想としては四部作、あるいは五部作にまで及ぶ大長編小説になる予定で、ここで紹介する作品はその第1部にあたるものだったそうです。読んでみるとわかると思いますが、これから壮大なドラマが展開していくんだろうなという予感を感じさせます。それだけに第1部のみで終わったことは残念で仕方ありません。もしこれが完成していたら近代文学史においてかなり傑出したものになったことは間違いありません。続きは是非皆さんの想像の世界で描いてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する