蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宮本百合子 「伸子」

宮本百合子。共産党の方たちにとってはまさにジャンヌ・ダルクのような伝説的ヒロインでしょう。旦那さんはこれまた共産党の大ボス、カリスマ、英雄である宮本顕治です。プロレタリア文学の世界においては戦前、戦中、戦後と活躍し続け、挫折したり転向したりする作家も多かった苦難の時期を見事に初志貫徹。その強い姿勢によって伝説化した超大物女流作家です。ではこの作品はプロレタリア文学なのかというと違うんですね。これは初期の頃の作品で、まだプロレタリア文学は草創期の頃です。内容はある先進的な考えを持つ伸子という女性が主人公で、自分の理想を実現するために周囲の反対をしりぞけて結婚しますが、徐々に相手の男性に対する失望が生まれ、理想は少しづつ崩れていきます。思うままにならない人生に煩悶を覚える中、伸子はある女性と知り合います。男性に頼らず自立して力強く生きているその女性との出会いは伸子にとって大きな刺激となりました。そして伸子は未練たらたらの旦那に対して離婚を決意した手紙を書き、新たな人生に踏み出していきます……。宮本百合子は一度離婚していますが、その時の自分の体験をもとにしています。自分は女性だけどこれからの時代、自分の意見をはっきりと持って生きていきたい、という思いが当時の日本の伝統を重んじる環境や小市民的な旦那の消極的な生き方に阻まれていくというストーリーには、日本の女性の生き方を変えていきたいという作者の熱い思いが込められています。今では女性がどういう生き方をしようがそれは本人の自由です。努力次第で経済的にも立派に自立できます。また社会の環境や世相もそれを否定するものはもはや見受けられません。だから今の若い世代の女性がこれを読むんでも共鳴するものがあまりないかもしれませんが、過去にこういう時代があったこと、そして社会に白い眼で見られながらも意志を貫いた女性たちによって現代のような自由な時代が切り開かれたことを知って頂くためにも是非読んで欲しい作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する