蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

高浜虚子 「虹」

高浜虚子と言えば俳句ですが、実は小説家を目指していました。正岡子規に見込まれなければ小説家になっていたかもしれない人です。実際、正岡子規が亡くなってからは俳句はやめて小説に没頭していた時期がありました(後に再び、ライバル河東碧梧桐に対抗するために俳壇に復帰します)。ですので優れた作品があっても別に不思議ではないのです。その中でもこの「虹」は涙ものの感動作です。全て実話で、虚子の愛弟子の愛子(森田愛子)が病弱で余命わずかという状況が続き、時々虚子は見舞いがてら会いに行っていました。療養先は三国という町で、愛子はそこに恋人と母親と三人で暮らしています。虚子は鎌倉に住んでいましたが、愛子が虹を見てぽつりというセリフ「あの虹の橋を渡って鎌倉へ行くことにしましょう。今度虹が立った時に……」が作品全体のいわば出発点になっています。そこから虹がテーマとなり、虚子は虹の俳句を詠みます。そしてもう一つのポイントはもとは名妓と言われたお母さんが宴会の席で歌と踊りを披露するシーンです。それを見て感動した虚子は声を上げて泣きます。それにつられて他の人たちも涙を流します。なんとも感動的なシーンで一つの盛り上がりを見せます。非常に短い作品ですがぎっしりと感動の要素がつまっている名作です。虚子の小説、かなりいいですよ。ちなみに森田愛子は道行けばすれ違う全ての人が振り返ったと言われたほどの美人だったそうです。まさに美人薄命ですね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する