蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

阿川弘之 「舷灯」

実を言うとこの本はえしぇ蔵が間違えて買った本です。阿川弘之といえば海軍の提督を描いた3部作「山本五十六」、「米内光正」、「井上成美」を筆頭に、「雲の墓標」、「春の城」など、太平洋戦争に関した戦争記録文学が一般に知られています。この作品のタイトル「舷灯」を見た時にてっきりこれも戦争に関連した、それも海軍ものだろうなと勝手に思い込んで買ってきたわけです。それで読み始めてみると、多少は戦争にも絡んでいますが基本的には全然違う文学作品でした。最初は「失敗したなぁ」と思いながら読んでいたわけですが、読み進むうちに素晴らしい純文学作品であることがわかって、結果的にはいい買物になりました。考えてみれば阿川弘之は志賀直哉の弟子で、しかも師の文学を受け継ぐ者とまで言われた人ですから、純文学を書いても何ら不思議はないわけです。そういう意味ではむしろ戦記ものを読むよりもこの作品を読んだ方が阿川弘之が師である志賀直哉から受け継いだものを感じ取ることができるように思います。それほど素晴らしい作品です。戦争を生き延びた男が家庭を持って戦後の生活をつつましく生きていくわけですが、どうもなんとなく海軍にいた頃の生活が懐かしいような雰囲気を持っており、今ひとつ家庭への愛情をそそぎきれていない、という話です。阿川弘之の底力を知ることができる純文学作品です。読む価値は大いにありますよ。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する