蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

岩野泡鳴  「毒薬を飲む女」

岩野泡鳴という人は、「私は貧乏しても文学と共に生きていきます」的な、いわゆる文学一筋の人ではありません。あまりの貧乏に嫌気がさしたのか、途中で文学は放り出して北海道に渡り、蟹の缶詰工場を作るという事業に取り組みます。ところがこれが失敗。失意のうちに北海道を放浪している間に数々の名作を残しています。それが、「放浪」・「段橋」・「発展」・「毒薬を飲む女」・「憑き物」の泡鳴五部作です。自然主義文学の作品なので基本的に自分の実体験をもとに書かれています。「毒薬を飲む女」では主人公はまだ北海道には渡っていません。奥さんをほったらかしにして愛人と遊んだりしますが、あげくは愛人も捨てて事業のために北海道へ行く準備を急ぎます。もうこんな貧乏やうるさい女たちからもおさらばだ!という感じで。はっきり言って主人公はやりたい放題のろくでなしです。話は事業が成功するかどうかまでは書いていませんが、読んでいくとどうせ事業も駄目になるだろうと思えてきます。実際失敗したところを見ると、やっぱりこの人には文学しか生きる道はなかったのではないかと思ってしまいます。河上徹太郎も岩野泡鳴のことを偉大な文学者と言ってますしね。こういう作家の生き様を見ていると、やはり文学というのは幸福な人生からは生まれてこないのではないかと思ってしまいます。岩野泡鳴に限らずいろんな作家が、苦悶する人生の中で名作を生み出しているのは間違いありません。ただそれにはいくつかパターンがありまして、自らの意志で苦労の道を進んだ人もいれば、欲してはいないが様々な事情から仕方なく苦労を背負った人もいますし、生まれながらにして不幸な環境が用意されていた人もいます。岩野泡鳴の場合はどうかというと、一旗揚げようと志して思いきって冒険の人生を選んでみたものの、失敗して苦労したというパターンになります。文学の才ある人は所詮文学から逃れることはできないのかもしれません。文学の方から追いかけてくるんでしょうね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する