蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

大岡昇平 「野火」

大岡昇平。ここにまた日本文学界が誇る天才がいます。この人の才能は非常に多岐に渡って証明されています。翻訳、戦記もの、推理もの、恋愛もの・・・いろんな形でその才能は発揮されています。戦争中は出征して、フィリピンで捕虜になりますが、その時の体験をもとにいくつか作品を書いています。その一つがこの「野火」です。この作品は昭和23年に「文体」において連載が始まりましたが廃刊になり一時中断、その後昭和26年に「展望」において連載再開し完結に至っています。読売文学賞を受賞し、翻訳されて海外でも広く読まれて高い評価を受けています。大岡昇平自身の体験をもとに書かれたと言っても、「俘虜記」と違って創作部分がほとんどです。しかしやはり体験者ならではのリアリティが十分にあります。主人公は戦線で結核になり、隊から追い出されます。ただでさえ戦況悪化で食糧も不足しているというのに役に立たない病気持ちまで面倒みきれないというわけです。それで野戦病院に行くわけですがそこでも受け入れてくれません。どこにも行く場所がなくなり、どうしようもない状況から放浪が始まるわけですが、襲ってくる疲労と飢えと敵襲の恐怖でだんだん体力的、精神的に追い詰められていきます。そして飢えをしのぐために人肉を食うかどうかの瀬戸際まで追い込まれますがその時彼は・・・さてどうするのでしょう?続きは作品でどうぞ。丸谷才一が「文章読本」でこの作品の中の表現を優れた文章の一例としてとりあげていることからもわかるように、非常に高度な文学的手法を駆使して書いてありますので、そういう意味でも優れた作品です。大岡昇平はこの作品のみならず、「俘虜記」、「武蔵野夫人」、「花影」などにおいてもその文章の素晴らしさが常に話題になります。「武蔵野夫人」や「花影」などのロマンスにおいては言うに及ばず、この「野火」や「俘虜記」のような戦争をテーマにした凄惨な物語においてもそれを感じさせるということからその優れた力量がわかるかと思います。是非その点にも注意して読まれることをお勧めします。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する