蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

小林多喜二 「党生活者」

日本の労働者の叫びを表現したプロレタリア文学を語るにおいて、この人の名前はその中心人物として必ず登場します。すさまじいまでの強い意志と熱い魂、それを貫き通して最後はなんと特別高等警察(共産主義者や社会主義者を取り締まる機関)による拷問で獄死するという壮絶な最後をとげます。労働者のために、日本のために、活動しペンを走らせ、死ぬほどの拷問にあっても己の信念を曲げなかった人です。わずか29年の人生です。力いっぱい駆け抜けて行ったわけです。なんとすごい人でしょう。後世の日本人が忘れてはならない人の一人です。この作品はある軍需工場における争議を描いていますが、これはまさに小林多喜二が地下活動をしていた時の体験をもとにしていますので、非常にリアリティがあります。彼は作品を通して多くの日本人に、労働者に、強く訴えたいものがありました。社会を変えようと一生懸命でした。ですがその文学はただの手段になっているのではありません。文学作品としても非常に優れたものになっているからこそ訴えるものが心に響いてくるわけです。今となっては社会主義や共産主義によって成り立つ国家には大いに問題があることは世界の歴史が証明して明白になっていることですが、これらのプロレタリア文学をあえて今の時代に読む意味は、社会を変えようとする熱い姿勢自体に学ぶためだと個人的には思います。この作品を読んで、その熱き魂の一つに触れてみるのもいいかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する