蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

司馬遼太郎 「新撰組血風録」

新撰組というのは非常に浪漫を感じさせる人たちでして、歴史が好きな人もそうでない人もその中の人物にあこがれたという人は多いと思います。それぞれにまっすぐに生きた人たちで、しかも剣の達人ばかり。かっこいいですよね。土方歳三、近藤勇、沖田総司、永倉新八、原田左之助、山南敬助 ・・・ずらり揃ったつわものども。その魅力ある新撰組隊士たち一人一人を取り上げて、それぞれにエピソードを持たせてその生き様を描いた作品がこの「新撰組血風録」です。短編集になっており、一つの短編ごとに一人の隊士が主人公になっています。もちろん小説ですから創作部分も多いですが、おおよそその人物の人柄は出ているのではないかと推測できます。土方歳三、近藤勇、沖田総司などのメインの人たちはよく歴史小説に取り上げられますが、他の隊士にもスポットをあてたこの作品は新撰組ファンなら絶対外せない傑作ですが、新撰組ファンでない人にも面白く読めるのは保証します。いくつか簡単に紹介しますと、多くの作家が描いて皆さんもよくご存知の「池田屋事件」をまた違った角度から描いた「池田屋異聞」、薩摩出身であることに密偵の疑いをかけられる富山弥兵衛を描いた「弥兵衛奮迅」、美青年の加納惣三郎をめぐって隊士同士が争うという男色の世界を描いた「前髪の惣三郎」、沖田総司の実らない悲しい恋を描いた「沖田総司の恋」、近藤勇の愛用としてその名を歴史に残した名刀の真贋がテーマの「虎徹」、初代局長でありながら問題の多い存在として隊士によって暗殺されるに至る芹沢鴨を描いた「芹沢鴨の暗殺」・・・などなど、どの話もきっちりとまとまったエンターテイメントでありながら、歴史の要素も失うことなく興味深いものに仕上がっています。こういう短編では特に司馬遼太郎の底知れない力量が実感できると思います。司馬遼太郎の作品をまだ読んだことがない方には作風に関する一つのガイドにもなり得るかと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード