蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

岩野泡鳴 「耽溺」

ちょっと専門的な話になりますが、小説を書く場合には人称というものが重要になります。つまり誰の視点で作品の中の世界を見せるかということです。主人公の目線だけで書くことを「一元描写」と言います。作者は主人公の視界を前提にしています。自分の主張したいことも主人公のセリフという形で表現できます。今の小説はほとんどがこの方法で書かれていますので、皆さんも別に珍しいことには感じないだろうと思います。実はこの方法で書くべきだと最初に主張したのは今回紹介する岩野泡鳴なんです。当たり前のことになってしまってますが、何事も先人の努力があってこそ現代において当たり前なのです。一方、複数の登場人物の視点から書くことは「平面描写」と言います。Aさんの視点で書いてるかと思えば、次の章ではBさんの視点になってるような状態ですね。出来事を客観的に淡々と描く場合に使われます。これを主張したのは田山花袋です。「一元描写」は書きやすいし読みやすいですが、場面に必ず主人公がいないといけません。「平面描写」は書くのも難しいし読むほうも混乱する場合がありますが、あらゆる場面を自在に描けます。一長一短ですね。「一元描写」の何たるかを知るにはこの作品が最適です。そういう技術的な面に注意しながら読むとストーリーとは別の面白みがあります。ストーリーは、主人公の作家が作品を書こうとある家に間借りしたら隣に芸者のいる家があって、そこの芸者にいつのまにかずるずるとはまってしまっていく・・・というしょうもない男の話です。この芸者がまた曲者で男を三人、四人、翻弄させます。あっちでいい顔、こっちでいい顔、最後はそのツケがまわってきて・・・といういかにも自然主義文学的作品です。ごまかしが嫌いで我が強いけど、一面だらしないところもある岩野泡鳴の人柄が主人公の描写にあらわれています。ストーリー的に面白いとは言いがたいですが、「一元描写」を学ぶ上で欠かすことのできない重要な作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する