蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

室生犀星 「杏っ子」

金沢が生んだ文豪、室生犀星を知らない人はいないでしょうが、その悲しい生い立ちをご存じでしょうか?聞くも涙、語るも涙のつらい幼少時代を過ごしています。室生犀星は加賀藩の足軽頭の家に私生児として生まれます。生まれてすぐに近くのお寺に引き取られ、そこで私生児として戸籍を得ます。そして実の両親の顔を全く知らないまま成長していきます。「妾の子」と馬鹿にされながらも強く生きていきます。このことは彼の作品だけでなく生き方そのものに大きく影響しています。彼は生涯生みの母親の姿を求め続け、その想いは作品の中でも表現されています。故郷金沢と顔を知らない両親への追慕が生涯に渡ってのテーマとなりました。悲しい境遇に育ったという人は昔は決して珍しくはありませんが、そういう人たちが決まって大人になってすることは何でしょう?それは、自分の子どもは愛情いっぱいの家庭で育て、必ず幸せにしようと努力することです。この作品はほとんど彼の自伝ですが、杏っ子のモデルは自分の娘です。彼が娘にそそぐ愛情の深さは、逆に彼のそれまでの不幸を反映しているかのようです。大事に大事に育てて、幸せな人生を送らせようとするわけですが、これがまた運命の皮肉で、結婚というものが彼女に不幸をもたらします。小さい頃は親の愛の傘の下で天真爛漫に生きていた杏っ子は、大人になってからは不幸と戦います。自分のように悲しい思いをさせたくないと思っていたのに、結局は娘もまた悲しみを味わうことになる、そういう人生の残酷さを描いていく彼の姿勢は、まるで自分の生涯の仕上げとして全ての情熱をつぎこんでいるかのように真剣です。そういう背景を持った作品ですが、物語として非常に面白く読めます。長いですが飽きさせません。室生犀星の生い立ちにおける悲しい軌跡を予め知った上でこの作品を読むとより感慨深いものがあります。家族の愛というものを考え直すきっかけになる作品だと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する