蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

城山三郎 「指揮官たちの特攻」

個人的に城山三郎のように徹底的に調べて記録のように書くというスタイルは好きでよく読みます。この作品は太平洋戦争中に最初に特攻した関行雄大尉と最後に特攻した、というか敗戦を知らされないまま特攻に出撃した中津留大尉の二人を中心に、人間を兵器の一部としかみなさない神風特別攻撃隊の悲しい顛末を描いています。日本はなぜ、若い命が次々に消耗品のように散っていくような状況になったのでしょうか?平和な現代を生きる日本人として考えさせられます。犠牲になった人たちの悲しみを今に伝えようと必死に書いている作者が想像できるほど、文章は哀切に満ちていて心に響きます。特攻隊員たちが基地の近くの料亭の柱や鴨居に残した刀傷を見て、作者が「ごめんね」とつぶやきながらその傷をなぞるという記述がありますが、そこで深い感銘を受けました。涙なしでは読めません。特攻をどうとらえるかは今でも人それぞれで、ただの自殺行為だと完全否定する人もいれば、その精神と壮挙を礼賛する人もいます。何が正解であるかはおそらく明確にしにくい問題だと思いますが、もしあなたが特にはっきりとした意見を持っていないのであれば、是非この作品を読んでから決めて頂ければと思います。いずれにしろ、一つはっきり言えることは、このような状況に至るような政治決断を二度としてはならないということだと思います。平和というものにいつも感謝しながら生きていきたいものですね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード