蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

志賀直哉 「灰色の月」

この作品を紹介せずにどうしましょう。短編の名手、小説の神様、志賀直哉の本領発揮というところでしょうか。心にしみてくる名作です。戦後の荒廃した東京が舞台です。志賀直哉ならではの明快な文章で、情景がはっきりと頭に浮かんできます。えしぇ蔵の頭の中には東京なのに遠くまで見通せるほど空襲でほとんどの建物が焼け落ちた中を人々が着の身着のままただその日の糧を求めて放浪している状況が浮かんできました。そこに登場する主人公は電車に乗ります。これはつまり志賀直哉自身ですね。電車の中にも生きることに疲れきった人々が乗っているわけですが、その中にぼろぼろの服を着て明らかに餓死寸前の少年が乗っていました。ストーリーは車内でのその少年の様子をただ描いているだけで、あっという間に読み終わる短い作品なんですが、読み終わった時になんとも表現しようのない悲しみが心の底にずしりと残ります。主人公には、昨日死ななかったから今日生きているに過ぎない汚いぼろ雑巾のような少年を嫌悪する気持ちがありましたが、やがて少年の様子を観察していくうちに徐々に哀れみを覚えていく様子がうかがえます。自分のそんな心境変化を志賀直哉は正直に描いています。この作品の重み、存在意義、メッセージなどは少年が残す衝撃的なセリフである「どうでも、かまわねえや」の中に全て凝縮されています。戦後の荒廃の中で自暴自棄になりがちな絶望の中にいる日本人全体の心を象徴しています。家族も死んだ、家も焼けた、仕事もない、考えることは今の空腹をどうするかということ、この国はかつてそんな状況にまで落ちていたということをこのセリフは教えてくれます。そして作品は余韻を残して終わります。この少年はこの後どうなったんだろうか?強く生き抜くことはできたろうか?読後に思い返すとまた涙を誘われます。こんな短い作品でここまで人の心を動かせるのかとあらためて志賀直哉の偉大さを思い知らされた作品です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する