蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

野上弥生子 「大石良雄」

大石良雄って誰のことかわかりますか?大石内蔵助のことです。つまりこの作品は忠臣蔵ものなんですが、事件そのものの経過をたどる普通のそれとは違って、討ち入りを決断するまでの大石内蔵助の心の葛藤を描いた短編です。だから松の廊下や吉良邸討ち入りのドタバタはありません。ただ静かに時間が経過していきます。次々に人が訪れて来て、討ち入りを決行せよとか、思い止まれとか、いろんなことを言います。そういう意見に追い回され、決断を迫られる大石内蔵助は悩み苦しみます。ここで描かれているのは気が弱くて優柔不断な大石内蔵助なんです。普通なら毅然とした男らしいリーダーとして描かれることが多い人をこういう視点で描くというのは非常に斬新なことです。英雄ではなく一人の人間の心の逡巡を見事に描いてあります。その人の残した結果、つまり外側から人間性を推測して描くことは誰でもすることですが、この作品のように実は外面と裏腹の内部の葛藤からその人物を描こうという試みは女流作家ならではの発想かもしれません。男は結果を求め、女は過程を重視する傾向があるようですが、この作品の発想もそういう点から生まれてきたのかもしれません。思えば歴史上の偉大な人物の人間性というのはその功績の大きさがゆえに過大に評価されているのかもしれません。謹厳実直であるとか、勇猛果敢であるとか、後世の人間が評価しているのは実はその人の一面でしかなく、一般庶民と同じように弱さも持っていたのではないでしょうか?この作品においては大石内蔵助の弱さを実に巧みに描いてあると思います。実は大石内蔵助も討ち入り決断までにはかなり悩んでいたという記録があったらしく、それを参考に書かれたそうです。英雄も人間です。やはり弱気な面もあったはず。この作品は英雄に逆方向から光をあてるとこうなるという一つのいい例といえるかもしれません。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード