蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

遠藤周作 「侍」

キリスト教をテーマにした作品が多い遠藤周作ですが、その中でもこの作品は「沈黙」と並んで傑作中の傑作だと思います。本当に感動しました。遠藤周作はまるで映画の脚本のように徐々に盛り上げていき、最後は感動の場面で最高潮に達して読み手にジーンとくるものを与えてくれます。仮に同じストーリーを描くとしても彼の場合は他の作家よりもよりドラマティックに描きます。えしぇ蔵は「沈黙」の時も泣かされましたが、この「侍」でもまたやられました。”ストーリーテラー”という表現はまさにこの人のためにあると言ってもいいかもしれません。この作品は伊達家の支倉常長をモデルにした話です。支倉常長は慶長年間に伊達家の命により貿易交渉のため、キリスト教の宣教師とともにスペインそしてローマへと旅をします。当時としては生きて帰ることができるかわからない大冒険です。それを終えて7年後に帰国しますが、その時はキリスト教はご法度になっており、支倉家には輝かしき名誉ではなく悲劇が待っていました。作品は多少の脚色を加えながら、キリスト教的要素を強調しつつほぼそのままに展開していきます。主人公の侍は藩の命令で外国人の宣教師について遠い外国へ行きます。そこで洗礼を受けるわけですがそれは便宜上のもので、改心など全くしていませんでした。藩も外国と貿易をするのが真の狙いであり、キリスト教のことなど実はどうでもよかったわけです。侍は苦労して宣教師の故郷にたどりつき、そしてまた同じ道のりをはるばる戻ってきますが、帰り着いてみるとなんとキリスト教はご法度。そしてあろうことか藩は幕府からの濡れ衣を防ぐために侍を処罰しようとします。そこで侍は言葉にできないくやしさにふるえます。そんな彼の心理が最後にたどり着いたのは・・・。ラストシーンには鳥肌が立つほど感動しました。とにかく素晴しい作品です。是非読んでみて下さい。あなたもきっと涙することと思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する