蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

城山三郎 「硫黄島に死す」

映画でも話題になった硫黄島ですが、この作品の主人公は栗林中将ではなく、バロン西こと西竹一大佐です。父親は外務大臣を2度、枢密顧問官も2度経験した男爵、西徳ニ郎です。西大佐は父親の跡を継いだので男爵となりました。男爵を英語で”バロン”と言いますので、そこから通称”バロン西”となったわけです。男爵という華族の家に生まれたわけですから、幼い頃から親しむものも必然的に華族の嗜み的なものになります。西大佐の場合はそれが乗馬でした。陸軍に入る時も騎兵を選びました。そして彼の名前を世界的なものにしたのがオリンピックです。1932年のロサンゼルスオリンピックの馬術大障害飛越競技で堂々の金メダルに輝きました。ちなみに日本はその後全くオリンピックの馬術競技でメダルを獲得していませんので、いかに西大佐がすごかったかがわかります。”バロン西”の人気は当時世界的な規模のものでした。今で言えばイチローのような感じでしょうか。なんと後にロサンゼルスの名誉市民にまでなっています。生まれも育ちもそれこそサラブレッドな彼ですが、性格は豪快で天真爛漫だったそうです。長身の美男子でお金持ちでしかも金メダリストですから人気が出ないほうがおかしいというものです。陸軍内においてもその人柄で部下に慕われたそうです。輝かしい人生を歩んでいた彼ですが、戦争は過酷な運命を与えます。硫黄島の守備のために戦車第26連隊の隊長として赴任します。そしてご存知のような激戦。ついに日本に帰ることはできませんでした。非常に華麗で悲惨で勇壮な彼の人生を城山三郎が実に見事に小説にしました。西大佐の魅力あふれる人間像を十分に知ることができると思います。痛快に生き悲しく散った若き命の輝きをこの作品から感じとって下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する