蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

横溝正史 「本陣殺人事件」

横溝正史という人がかつて存在したことは、日本の推理小説界にとっては大きな誇りです。まさに日本の推理小説を新化させるために生まれてきたと言っても過言ではないと思います。ところがそんな彼でも肺結核を患ったり、戦争の影響で作家活動を規制されたりで、自由に推理小説を書けない頃がありました。それが戦後になってついに開放され、自分の時代が来たとばかりに作家活動を再開します。来るべき日に備えて、不遇の時代に練りに練っていた構想を作品にして発表されたのがこの「本陣殺人事件」です。ご存知、頭ぼさぼさの金田一耕介が難事件を解決する傑作中の傑作です。金田一耕介が初登場する作品でもあります。この作品は日本の推理小説の歴史上、非常に重要な位置を占めています。何といっても日本初の本格推理小説でありますし、非常に困難と言われた日本家屋での密室トリックに挑戦しています。ストーリーも構成も全く文句のつけようがない質の高さで、それをつづる文章がまた素晴らしく、まさに完璧と言ってもいい作品です。推理小説といえばアガサ・クリスティやエラリー・クィーン、ディクスン・カー、ヴァン・ダインなどの海外の大御所が有名ですが、いえいえ日本にも世界に誇れる人がいます。それが江戸川乱歩であり、横溝正史です。二人ともトリックに納得がいきますしストーリーも面白く構成も巧みです。この作品のトリックは本当に素晴らしく、一種の感動を覚えました。横溝正史に敬意を表したいです。家の中に刀で斬られた死体が二つ。でも刀は庭に降り積もった雪の上に突き刺さっています。まわりに足跡は全くありません。さて、この二人に一体何が起こったのでしょうか?推理小説はトリックに無理があると読後にがっかりしますが、この作品に関してはその心配は無用です。じっくりと読んで、真相の解明にチャレンジしてみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する