蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

水上勉 「飢餓海峡」

年に2回、芥川賞と直木賞の発表があるのは皆さんご存知ですよね。芥川賞は純文学小説を対象に、直木賞は大衆小説を対象にしています。このように日本では古くから小説を純文学と大衆に大別する傾向があります。では世の中の小説は全てそのどちらかに属しているのでしょうか?書く側はどちらかに属するように書かないといけないのでしょうか?文学というものがそんな簡単に分類できるものではないことは周知の事実です。この堅苦しい垣根を取り払って、もっと自由に創作活動をしたい、どちらの要素も持ったものを書きたい、と果敢に挑戦し、見事にそれに成功した作家も多く出ました。横光利一や松本清張がその典型的な例です。あるいは山本周五郎みたいにそんな垣根の存在すら無視して書き続ける作家もいました。両方の要素を持ったものは数こそ少ないですが名作の確立は高いです。芸術的な表現をもって面白いものを書けば素晴しいものが生まれるのは当然ですね。前振りが長くなりましたが、つまり水上勉も両方の要素を持った作品を書ける人だと言いたいわけです。この人は純文学、推理、童話など様々なジャンルに作品を残していますのでその力量は言うに及ばずです。この作品は推理とサスペンスがからんだ壮大なドラマです。言うなれば松本清張的な作品です。物語の始まりは昭和29年に青函連絡船が台風で転覆した「洞爺丸事故」を題材にしています。その際に収容された遺体に身元不明のものがあることをきっかけに事件が展開していきます。犯人を追う刑事たちの執念や、逃げて逃げて過去を消し去ろうとする犯人の姿を描きつつ、一人の女性の一途な思いを軸にした人間ドラマもからめて、厚みのある長編に仕上がっています。舞台も北海道に始まって、日本中を移動します。たっぷりと楽しませてくれる作品です。純文学と大衆の垣根をまたぐ作家である水上勉の力量の一端が窺えるのではないでしょうか?

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード