蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

宇野浩二 「思ひ川」

一体純文学と大衆文学とどこがどう違うかと問われたとして、ではその例をあげましょうということになると、純文学ではこの作品などはまさにその王道をいってます。しみじみと語られる恋物語、ゆっくりと流れる時間、風流な生活の様子、移り変わる自然……急いで読まないで時間をかけてじっくりじっくり噛締めるように読んでいきたい作品です。作家である牧新市と三重次という芸者とのひたむきだが結ばれることのない恋を描いています。せつない物語です。このせつなさがたまりません。じつはこの作品の中で展開される恋物語は、宇野浩二と村上八重という芸者の実際の恋を題材にしています。主人公の牧新市は宇野浩二本人、三重次は村上八重というわけです。内容もほぼ実際に起こったことばかりで、ただ登場人物や場所の名前を書き変えているだけと思っていいです。作家仲間の仲木直吉というのは直木三十五のこと、有川というのは芥川龍之介のこと、主人公の妻キヌは、自分の妻良子のことです。仕事場として使う高台ホテルというのは実際に自分が使っていた菊富士ホテルのことです。このように、名前を実在のものに置き換えて読んでいけばつまりは宇野浩二の体験談そのままというわけです。どうも最初は村上八重の方が熱を上げて宇野浩二に猛アタックをかけてきたようですが、長く付き合ううちに立場が逆転して、宇野浩二の方が情熱の虜になっていったようです。早い話が不倫なんですが、文学になるとせつなく美しいものになるから不思議ですね。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード