蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

石川達三 「蒼氓」

これまでの歴史において他の国への移住が最初から成功だったという例はほとんどないのではないでしょうか?移住先は住みやすく仕事もあって将来性があるという類の宣伝文句に魅了され、大きな夢に胸を膨らませて渡った先には予想もしなかった過酷な環境が待ち受けており、移住前に劣らない苦しみを味わったあげく、夢は次世代に託されて1世はむなしく異郷の土になる・・・どれも大よそこういった悲しい共通性はあると思います。かく言うえしぇ蔵の祖父も南の楽園フィリピンにおいて大きなチャレンジをしましたが、太平洋戦争によって夢は潰え、家族を連れて日本に戻りました。そういった悲しい体験が既に歴史上において何度も繰り返されていますので移民に関する物語というのはいくつも生まれてきました。その中においても出色の出来であるのがこの作品です。昭和初期、東北の貧しい人たちは苦しい生活から逃れるために国の政策であるブラジル移民に最後の希望を託します。夢を抱いて海を渡った彼らを待っていたのは国が宣伝していたような夢の土地ではありませんでした。事実に基づいた悲しい物語が、”移民の人たちが乗船するまで”、”海を渡る船中での日々”、”到着して現実を知るまで”の三部に分けて書いてあります。非常にリアルに描かれていますが、これは石川達三の実体験によるものだからです。彼は数ヶ月ですがブラジルに渡り、農場の生活を体験しています。彼はこの作品によって記念すべき第一回芥川賞を受賞(受賞したのは三部のうちの第一部で、二部と三部はその後に発表されました)しています。新人ながら太宰治、外村繁、高見順らをおさえての快挙でした(ちなみにこの時「逆行」で候補となっていた太宰治が受賞を逸した際に選者の川端康成の自分への批評に対して憤慨した話は有名です)。作品の質や文学史的位置において注目すべきことは言うに及ばずですが、何より悲しい移民の歴史について知って頂くためにも読んで頂きたい一冊です。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード