蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

司馬遼太郎 「国盗り物語」

社会人になって間もない頃、就職した会社の先輩に「とにかく面白いから」勧められたのがこの作品です。先輩の指摘通りとにかく面白くて一気に読んでしまいました。そしてそれからです。えしぇ蔵はどんどん司馬遼太郎の世界にはまっていきました。とにかく司馬遼太郎が書いた時代物の小説なら手当たりしだいに読みました。気付いた時には自分の本棚にものすごい数の司馬遼太郎が並んでいました。それにしてもどうして司馬遼太郎の作品ってこんなに面白いんでしょうか?えしぇ蔵のようにはまってしまっていつしか本棚にずらりと並んでいるという人は結構いると思います。実際に多くのファンを持つ人ですからね。おそらく読みやすく、テンポがよく、わかりやすく、感動させるからだと思います。史実から大きくそれることなく、かつ大胆なドラマ性を持たせることがこの人の得意技ですから、多くの人がそこに魅了されるのでしょうね。この作品は戦国時代初期が舞台で、斉藤道三と織田信長、そして明智光秀を中心に話が進んでいきます。読み進んでいくと主人公が交代するところが時代の流れを感じさせて面白いです。あの混乱した時代に日本をまとめようとした男たちの夢と挫折が描かれた見事なエンターテイメントです。読み終わって興奮冷めやらないという人は、「新史太閤記」へと進んで下さい。今度は豊臣秀吉の出番です。これがまた面白くてやめられないのです。また更に次の時代を知りたいという人は「関ヶ原」を読んで下さい。こちらは徳川家康と石田三成が主役です。この3つが司馬遼太郎の戦国三部作です。これらを読破すればまさに戦国時代を突っ走っていくことになります。そして読み終わる頃にはすっかりあなたもファンになっていることだろうと思います。是非この作品を皮切りに司馬遼太郎ワールドにはまってみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する