蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

坂口安吾 「夜長姫と耳男」

ある日、えしぇ蔵が文学好きであることを知っている某友人に坂口安吾の「夜長姫と耳男」は読んだことがあるか?と聞かれました。その時はまだ読んだことがなかったのでそう答えると、どう言っていいかわからないけどとにかくすごいから読んでくれと言われました。そして早速、何がどうすごいのかわからない状態で読みましたが、すごいなんて言葉じゃとても表現しきれない、かといってどう具体的にどう表現していいかわからないすごさを持つ作品だったので非常に大きな衝撃を受けました。それまでにもたくさんの坂口安吾の作品を読んでおり、何度もその才能の冴えを感じさせられていたのに、ここでまた新たな一面を強烈に見せられた気がしました。本当にいろんなタイプの作品を書ける人なんだなと改めて驚嘆させられました。ストーリーの展開は全く奇想天外。思いも寄らぬ展開で驚きの結末に至るところはおそらくこの人でなければ書けないのではないかと思います。シュールという表現をすべきでしょうか。主人公の耳男は飛騨の匠で、夜長姫のために像を作れと言われますが、夜長姫にバカにされた上に耳を切られて、腹いせに恐ろしい像を作ってやろうと小屋に籠ります(その小屋の様子がまたすごいんですが……)。そして出来た像を見た夜長姫がどうなるか?おそらく誰しもひきつけられて一気に読んでしまう作品だと思います。ただし、描写としてかなりグロい場面もあるので予めご注意下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する