蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

尾崎紅葉 「多情多恨」

この作品は内容的には言わば昼のメロドラマ的なものが大いにあります。自分の奥さんが好きで好きでしょうがないという一途な男が、奥さんの死に寄って毎日泣いて暮らすほど落ち込みます。要するに情が深い人なんです。ただ多くの人を好きになることはできず、心を許すのは他に親友だけです。その親友がいろんな手を使って慰めてくれますが、主人公の心は晴れません。一人でいてはよくないということでついには親友の家で暮らすことになりますが、その親友の奥さんがけなげに旦那に尽くす姿に徐々に心惹かれていき・・・・・・という内容で、ご想像のとおりちょいとやばいかもしれない展開になっていくわけです。ドラマの脚本に持って来いといった感じです。これだけ書くと「なんだ、軽い小説なのか」と思われるかもしれませんがそれは誤解です。この作品の注目すべき点は3つあります。まず主人公の心理状態が徐々に変化していく様子が実に見事に描かれていることです。2つ目は「口語体」で書かれていることです。今では当たり前のことですが、この当時はまだ「口語体」の作品と「文語体」の作品が混在していました。日本語は実に長い年月、「話す言葉」と「書く言葉」を別にしてきました。それが明治の頃に一つになるわけですが(一部は太平洋戦争終戦まで残りますが)、その「口語体」で書く試みが成功した例とされています。3つ目はテンポのいい会話です。尾崎紅葉は会話の名手と言われていました。当意即妙な言葉のやりとりにリズムがあって、内容にぐっと引き込まれます。これら3つの点に留意して読まれると、この作品の価値が実感できるのではないかと思います。尾崎紅葉はかなりの英語読解力があったそうで、多くの海外の作品を読み、自分の作品のヒントとしていたそうです(「金色夜叉」はバーサ・クレイの「女より弱きもの」を参考にしているのではないかという説があります)が、この作品は「源氏物語」に大いに影響を受けて書かれたものだそうです。確かに主人公が奥さんに死なれてなかなか立ち直れない様子は、更衣を失って嘆き悲しむ桐壺帝そのものです。もしよかったら「源氏物語」も読まれて(長いのでかなり勇気いりますが)、主人公の心理の変化を比較してみるのも面白いかもしれません。そういったわけでただのメロドラマではなく、いろんな魅力が隠された作品ですので是非読んでみて下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する