蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

福永武彦 「草の花」

福永武彦という人はあらゆる形でその才能を表現しています。詩や小説はもちろん、随筆や海外文学の翻訳、日本の古典の現代語訳、推理小説、そしてSFまで手がけるというマルチぶりですからまさに物を書くために生まれてきた人という印象を受けます。小説に関してはこの作品で地位を築きました。純粋な愛を美しい文章で表現するこの女性うけしそうな作風から、「なんだか堀辰雄に通じるものがあるな」と感じる方も多いと思います。それもそのはず、福永武彦は堀辰雄の薫陶を受けています。「美しい文学だなぁ……」としみじみ感じるあの雰囲気を味わうことができます。今時この作品の主人公みたいに純粋な気持ちで恋愛をしている人は少ないかもしれません。なんだか現代人としてちょっと反省させられるような純愛物語です。どんなに時代が荒れようと、こういう小説の存在が一つの人間の生活の拠り所となって、心のやすらぎを与えてくれるのではないかと思うので、是非多くの人に読んでもらって、更に次の世代へも伝えていくことができればと思います。余談ですが、皆さんは1961年に東宝が公開した怪獣映画「モスラ」はご存知かと思います。ザ・ピーナッツが小さい妖精役をして話題になった映画ですね。あの映画の原作「発光妖精とモスラ」は実は福永武彦、中村真一郎、堀田善衛の3人によって書かれたものです。こういうところにも名前が出てくるということが、まさに福永武彦の多才ぶりを表わしているように思います。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード