蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

永井荷風 「墨東綺譚」

「墨東綺譚」。文学好きの人間にとってはなんとも重い響きです。そして自然と偉大なるものへの敬意をもってこの四つの文字を眺めている自分に気付きます。あらゆる面において素晴らしい日本の文学の傑作中の傑作です。この作品は彼得意の花柳界の話ですが、なぜか彼が書くとそれが非常に風流なものになるから不思議です。文章が美しいからか、一行一行が非常に楽しめます。えしぇ蔵は同じ箇所を何度も読み返して楽しんだりします。行きずりの恋の不安定さ、男と女の揺れる心情、その背後にある季節や町の様子、それらが彼の筆致によって表現されるともうそれは至高の芸術です。舞台は向島なんですが、そこに描かれているのは現代的な東京ではなく、風情を残した江戸の町です。かつての日本の姿を探して、それを情緒豊かに表現し、読む人の中に風流な日本の町を再現してくれます。どの作品でも細かい情景描写にそういう部分があって、物語以外の部分でも楽しませてくれるのが彼の作品の一つの特徴です。ストーリーは極めてシンプルです。主人公の大江は取材のために私娼窟を訪ね、そこでお雪という女性と出会います。そこから大江とお雪のつかの間の恋が始まって、なんとも曖昧で不思議な関係がしばらく続きます。えしぇ蔵が特に好きなのは、この二人の会話です。小説は会話がわざとらしかったり、ありきたりだったり、稚拙だったりすると物語全体の質を一気に落としますが、この作品の会話部分の完璧さは圧倒的ですらあります。粋な言葉のやりとりが極めて自然に交わされます。書かれていない言葉の奥の心情まで伝わってきます。物書きにとっては教科書のような名作です。是非是非ご一読を。いいえ、三読、四読を。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する