蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

森敦 「月山」

昭和48年の芥川賞受賞作です。読んでみて充分納得。まさに受賞すべき傑作です。やはりこの頃ぐらいまでは芥川賞や直木賞を、それに値する作品が受賞していたなとしみじみ思います。その当時、森敦はなんと62歳でした!史上最高齢での受賞です。一般的に芥川賞や直木賞は新しい才能を発掘して世に紹介するイメージがありますので、この年齢には驚く人も多いと思います。よほどデビューが遅かったんだなと誤解されがちですがとんでもない。なんと22歳にして大手の新聞に連載を持っていました。かなり早くから菊池寛や横光利一に見出されてその実力は高く評価されていました。昭和48年の芥川賞受賞というだけで巷で”老新人作家”と呼ばれたりしますが、それはちょっと違うのではないかと思います。この作品はなんとも不思議な印象を受けます。東北の山の中の小さな村を訪ねた主人公がそこで一冬を越す話です。雪によって町と遮断されてしまったその村が、まるで生きた人間の世界から遮断された死の世界のように表現され、全ての人物や出来事が裏になにか意味を含んでいるようで、読み手を翻弄します。隠された何かがあるはずだ、それは何だろう?と思いつつ読み進んでいくのですが・・・。名作は押しなべてそうですが読後に余韻が長く残ります。自分がいつまでもその村から抜け出せない気がします。非常に深い作品で、その素晴らしさはとても表現できません。年齢的に円熟しきった時期ですから文章や構成が申し分ないのは当然で、作品全体に余裕すら感じます。なんともいえない重厚感があってぶれがなく、安心して読めます。これは20代の駆け出し作家には書けないと思いました。舞台となる村の不思議な空気の表現は誰も真似できないものではないでしょうか?どうぞこの不思議な世界にあなたも迷いこんで下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

最近の記事

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

プロフィール

esezo

Author:esezo
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード

RSSフィード