蔵書

福岡ESEグルメのえしぇ蔵による、日本文学の書評ブログ・・・もどきの読書感想文ブログです。

島崎藤村 「千曲川のスケッチ」

島崎藤村は一時期、長野県の小諸にある小諸義塾で教師をしていました。その頃体験した小諸の自然の美しさや、地元の人とのふれあいをまるで絵画のように美しく描写したのがこの作品です。もしあなたの前に心洗われるような、長閑な美しさに満たされた田園風景が広がっているとしたらまず何をしますか?今ならおそらく手持ちの携帯やデジカメで写真を撮る人が多いでしょうね。あるいは絵が描ける人ならカンバスを置いて絵筆を握るかもしれません。なんとかして自分の見た美しさを別の形で残して、後でまたそれを見て思い出して楽しみたいと思うのはごく自然な心理だと思います。島崎藤村はそれを文章でやってみてはどうだろうか?と思ったわけです。物語として綴る文章ではなく、今見たものの美しさを表現する文章があってもいいのではないか?と考え、ちょうど詩と物語的な小説の中間にあるような、芸術性を重視した文章という形で自分が見たものの美しさを表現したのがこの作品です。ただここでいう美しさというのは単に自然の美を指すだけではありません。そこに住む人々との交わりを通して、自然とともに生きる人々の心の美しさ、素朴に生きる姿の美しさをも表現しています。「千曲川のスケッチ」は、島崎藤村が原稿用紙をカンバスとして、そこに言葉という絵の具で見たもの感じたものを表現したものですので、「さて、どんな話だろうか?」と紐解いて一気呵成に読破するようなタイプの作品ではありません。時間の余裕のある時にゆっくりと読んで、自分なりにその光景を頭に描いてじっくりとそこに浸るという感じで楽しむというのがいいと思います。この作品の場合は、「読む」というより「感じる」と表現したほうがいいかもしれません。ストレスの多い現代社会においては心の休養が必要です。是非この作品を読んで、心身ともにリラックスして下さい。

テーマ:感想 - ジャンル:小説・文学

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

FC2Ad

カテゴリー

ブログ内検索

最近の記事

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する